忍者ブログ
結婚
結婚(けっこん)とは男女が夫婦になり、愛・情・性的結合などを基礎とした社会的経済的結合を継続すること。諸外国においては、同性婚、一夫多妻制なども認める国がある。;結婚の定義はいくつかある。社会的結びつき 経済的結びつき 人間的結びつき これらの根底にあるものは「契約」という概念である。親子の関係はタテの関係であり、生まれたら自動的に関係付けが発生し、原則的に一生の間不変である。一方、結婚というのは男性 男と女性 女が結びつくヨコの関係であるとされる。一般的に血縁関係にない性別 男女であるので、結び付きは契約的になる。したがって、結婚の解消というものがあり、これを離婚という。ただし、日本以外の一部の地域では、男性同士や女性同士の同性結婚も法的に認められている。

[PR]

2017年11月23日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

国際結婚の比較・口コミ

2009年01月19日
ALFEE FLOWER REVOLUTION  大阪 花博 大阪国際女子マラソン テーマソング





国際結婚
国際結婚(こくさいけっこん)とは、異なった国の出身者間での婚姻を指す。本項では、主に日本人と「外国人」(日本以外の出身者)との婚姻について述べる。<br/>日本が江戸時代の鎖国を解いて開国した後、近代国家として歩み始めた明治時代から、日本人と外国人の結婚は極めて少ないながらも存在したが、それは小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)※1のようなごくごく限られたケースであった。<br/>大正から昭和に入ると、国粋主義が勢力を増し、国際結婚はタブー視されるに至る。<br/>戦後直後は進駐軍兵士と日本人女性との間の事実婚が多かったといわれている。<br/>近年の日本で国際結婚が話題になり始めたのは、1980年代以後のいわゆるバブル期である。当時は円高ということもあって海外に出かける日本人が急増し、その結果、外国人との結婚に対して心理的な障壁を感じない日本人が多くなった可能性がある。<br/>




●国際結婚と特定活動ビザのことで


国際結婚と特定活動ビザのことで年半前に研修ビザで、町工場へ中国から来日し、現在は特定活動ビザで7月中旬まで在留資格がある彼女と国際結婚を予定しています。現在のビザ期限までに日本で入籍する予定ですが、研修目的で会社が受け入れてきた経緯もあり、結婚することになると彼女は今の会社に居れなくなる様子です。契約上それは仕方ないことかと思いますが、中国へ一旦帰ってくれという話もある様子です。これも契約上にあれば仕方ないことかもしれませんが、ビザ期限までに、私としてはこちらで入籍も済ませ、配偶者ビザに切替し婚姻生活に入って行きたいのですが。前述の思いでの手続き等は可能なのでしょうか?会社との契約があればビザの期限が残っていても在留資格が取消されてしまうというか、帰国させられてしまうというのは仕方ないことなのでしょうか?


続き
---









ありのままの国際結婚













ある国際結婚業者のつぶやき 著者:石田洋司出版社:文芸社サイズ:単行本ページ数:133p発行年月:2007年11月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)はっきり申しましょう。結婚しない人間は、人生の大損をしています。今からでも遅くはありません。考え直しませんか?



・・・もっと見てみる





---












●非常に難しい(困難な)恋愛を成就させた男性の成功体..


非常に難しい(困難な)恋愛を成就させた男性の成功体験談を教えてください。どういう点が難しかったか、二人の間にどういう問題、障害があったのか、また、それをどういうふうに乗り越えたのか? プレッシャーや不安をどうやって乗り越えたのか?どうやって相手をその気にさせたのか?そういう点を体験談に含めてください。





(例えば相手に婚約者がいたとか、すごいもてる女性を口説いたとか、年の差があったとか、国際結婚とか)


続き
---






アフィリエイト ツール PDF 無料


動画スポーツ エンジェル


機動戦士 ガンダム 連合





PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: